7月20日(金)フランス語TV局の日本映画/TFO Japanese Movie on July 20

View previous topic View next topic Go down

7月20日(金)フランス語TV局の日本映画/TFO Japanese Movie on July 20

Post  NobbyM on Thu Jul 19, 2012 9:33 pm

(A simpler version in English is after the full information in Japanese)

皆さん、

再びトロントのフランス語TV局でこの金曜日に日本映画があります。
7月20日(金)9時よりCable13「Le Rue de la honte (1956)」とあります。
日本語。フランス語訳付き
調べて見ると、溝口監督の最後の映画「赤線地帯(1956)」です。
かなり当時話題になった映画のようです。Intenetからの情報の一部を
貼り付けます。興味がありましたらどうぞ。
-------------------------------------------
売春防止法制定前後(同法公布は1956年5月24日)の社会情勢をリアルタイムに
取り入れた現代劇で、溝口作品の真骨頂とも言うべき女性主体の作品となった。
特殊飲食店「夢の里」を舞台に娼婦たちの生き様を生々しく描いた悲喜劇で、
明確な主役は据えておらず大勢の女優が軽快なテンポで次々に登場する豪華な
女性群像劇となった。

分けても当時「母もの」で知られた三益愛子が、大年増の娼婦を演じた事は話題
になった。他にも京マチ子、若尾文子、木暮実千代ら他の溝口作品にも出演した
キャストの、他作品とは異なるバイタリティ溢れる狂騒的な演技も評価が高かった。
スタッフにも、冒頭で独特のテーマを聴かせる音楽の黛敏郎、溝口が最も信頼して
いたキャメラの宮川一夫、同じく美術の水谷浩ら「溝口組」の名スタッフが結集して
いる(ただし脚本は溝口の傑作を多く手掛けた依田義賢ではない)。この完成度の
高さに時代性が手伝い、興行的にも成功を収めた。
------------------------------------------------------

All,

A Japanese movie will be shown at the TFO this Friday again.
July 20 (Fri) from 9pm on Cable 13, Le Rue de la honte (1956).
Starring Machiko Kyo, Aiko Mimatsu, Ayako Wakao etc.
It was the last movie made by Mizoguchi, on a prostitution district
when the laws prohibiting the prostitution became in effect.
It was a movie that was talked about at that time partly because
many famous actresses were in the movie.

In Japanese with French sub-titles.

Nobby Miura 三浦信義
nobbycosmic@yahoo.co.jp

NobbyM

Posts : 129
Join date : 2008-11-14

View user profile

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top

- Similar topics

 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum