在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.42 2012年8月号

View previous topic View next topic Go down

在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.42 2012年8月号

Post  NJCA on Thu Aug 16, 2012 8:58 am

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.42 2012年8月号
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

―目次―

- 平成24年度外務大臣表彰受賞について
- トロント市内での発砲事件における注意喚起
- 在日カナダ大使館での査証部閉鎖に関する注意について
- 海外に居住する者の大学入試センター試験出願手続きについて
- 8月の日系文化会館における領事サービスについて
- 各種イベント情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年度外務大臣表彰受賞について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月12日、平成24年度外務大臣表彰受賞者が発表され、オンタリオ州からはジャパニーズ・ソーシャル・サービス会長の前川威男氏の受賞が決定しました。

前川氏は、オンタリオ州地域において国内唯一の日本語カウンセリングを実施する非営利慈善団体の会長として長年福祉活動に従事されており、現地生活事情に関する情報提供紹介の他、ワークショップやセミナー開催、カウンセリングをはじめとした邦人援護活動を通じ、在留邦人及び日系社会の生活向上に貢献されました。

前川氏略歴

1999年カナダ駐在を最後に35年間勤務した日系企業を退職。1998年資金難により活動を休止していた、ジャパニーズ・ファミリー・サービス(ジャパニーズ・ソーシャル・サービスの前身)の活動再開に関わり、その翌年に名称を変更したジャパニーズ・ソーシャル・サービスの会長に就任した。現在に至るまで会長として精力的に活動し、日本文化を背景に持ちながら、異文化の中で生活し、困難な状況に陥っている人々に対し、カウンセリング、情報提供、擁護活動、セミナー開催などの活動を行っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トロント市内での発砲事件における注意喚起
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トロント市内で発砲事件が多発しており、最近の主な事件として次のとおりです。

・7月16日(月)午後11頃、トロント市スカーボロー地区(ダウンタウンから東へ約23kmの場所)においてパーティが行われていた会場で銃乱射事件が発生し、男女の2名が死亡、23名が負傷した。

・8月6日(月)午前6時10分頃、ダウンタウンにある「ヒルトン・ホテル」の正面玄関前路上にて発砲事件があり、男性1名が負傷しました。

トロント市では銃器使用の犯罪は前年度に比べ、今年は増加傾向にありあります。
8月13日現在で2012年中にすでに158件(前年比32件増)の発砲事件が発生し、222名(同69名増)が被害にあっており、死者22名(同6名増)、負傷者93名(同33名増)となっております。
事件発生場所等の情報につきましては、トロント市警のホームページ上でご覧いただけます。
トロント市警ホームページ(http://www.torontopolice.on.ca/statistics/stats.php)

日頃の心得として、万一付近で銃声らしき音を聞いた場合は、即時にその場に伏せるか、または近くの安全な場所に隠れるようにしてください。
また、事件現場近くに居合わせた場合、絶対に現場に近寄らず、周りに注意しながら事件現場から避難してください。
また、路上強盗等の犯罪に遭遇した場合には、身の安全を第一に考え、絶対に抵抗しないことが肝要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
在日カナダ大使館での査証部閉鎖に関する注意について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成24年5月1日付にて在日カナダ大使館の査証部が閉鎖され、全ての査証・移民等業務は在フィリピン・カナダ大使館に移行されています。
日本でカナダ入国査証を申請する方は、時間に余裕を持って最新の情報を在日カナダ大使館のホームページ(www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn)で確認することをお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海外に居住する者の大学入試センター試験出願手続きについて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今般、大学入試センターでは、平成25年度大学入試センター試験受験案内の配付開始に伴い、海外に居住する右試験受験希望者に対して、同センターのホームページを通じて情報提供を行うことになりました。
本件について、昨年度まで在留邦人等が受験案内等の入手を希望する場合は、各在外公館から入手する必要がありましたが、本年度より、海外に居住する右試験希望者に対して、同センターのホームページを通じて情報提供を行うことになりました。
 詳細につきましては、大学入試センターのホームページ(http://www.dnc.ac.jp/modules/center_exam/content0515.html)から「平成25年度大学入学者選抜大学入試センター試験における海外に居住する者の大学入試センター試験出願手続きについて」を参照してください。
 出願書類の入手方法等,内容に関しての問い合わせについては,必要に応じて適宜受験希望者本人から直接同センターに問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8月の日系文化会館における領事サービスについて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月の日系文化会館における領事サービス実施日は以下の通りとなります。

8月 9日(木)午前10時~正午
8月23日(木)午前10時~正午

但し、9月以降は通常通り毎週木曜日(午前10時~正午)の実施となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各種イベント情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<展覧会『現代工芸展』>

日時:2012年7月6日(金)~10月13日(土)
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:日本の工芸はその歴史を古代にまで遡ることができる伝統の技である一方、日本各地の思想や美学の影響を受けながら変化し、現代に至るまで脈々と創造性の花を咲かせてきました。陶芸、金工、ガラス、木工など多彩な分野の作品64点を、『華』『侘び』『鋭』『精緻』『歪み』『花鳥』の六つの視点から紹介します。
入場無料:開館日は月~金および土曜特別開館日。開館時間等の詳細は以下のウェブサイトを参照ください。
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話:416-966-1600 ext. 229

<パフォーミング・アーツ・ジャパン『SUSURIWKA willow bridge』>

日時:2012年8月17日(金)~2012年8月19日(日)
場所:ハーバーフロントセンター (235 Queens Quay West)
内容:アイヌ民族出身のミュージシャンで、樺太アイヌに伝わる弦楽器トンコリの奏者のOKI氏が参加し、カナダ先住民族のアーティストと共同制作するコンテンポラリーダンス作品。日加のミュージシャンが音楽を共同で創作し、カナダ先住民族の精神性を舞台芸術で表現するサンティー・スミスが演出・振付を担当、トロント在住の日本人ダンサー数名も出演します。2009年以来日加両国で発展的創作を重ね、成長してきた作品の完成版の上演となります。
有料 チケット購入・価格等詳細は以下ウェブサイトを参照ください。
【詳細】http://www.harbourfrontcentre.com/whatson/dance.cfm?id=3795

<愛知県の伝統を伝える仲間達>

日時:2012年8月19日(日)~9月7日(金)
場所:日系文化会館、ヘリテージ展示ケース
内容:ペーパークラフト・小山田張子の作家である鈴木徹さん、染色作家の吉見久美子さん、着物コーディネーターの柳文子さん、ドールヘアーデザイナーの財田壽美代さんによる作り手達の思いが伝わる作品の技術と、大切に使われ守られてきた布の優しい風合いを生かした作品をご紹介します。
入場:無料
【問い合わせ】日系文化会館:416-441-2345

<マンガでカタカナ~高校生向け短期入門日本語講座>

日時:2012年8月20日(月)及び22日(水) 2回で修了 いずれも午後5時半~午後7時半
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:全世界で若者に大人気の日本のマンガには、オノマトペと言われる擬音語・擬声語・擬態語が多用されており、その多くがカタカナで表記されています。日本語学習に興味がある、または学習し始めて間もない高校生を対象にした、楽しみながらカタカナの学習をするクラスです。日本語の先生方の見学も受け付けます。
授業料:無料 (教科書:当日配布)
申し込み方法などの詳細は、以下のウェブサイトを参照ください。
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/20120814Koza.php nsuzuki@jftor.org 電話416-966-1600 Ex.241 

<日本伝統工芸ドキュメンタリー連続上映>

日時:
[2012年8月21日(火)]
1)18:00- Japanese Crafts: A Path to the Future
2)19:00- Craft Tool Crisis
[2012年8月23日(木)]
1)18:00- Izumi Ando, Metal Sculptor
2)18:30- Shingo Kojima, Cabinet Maker
3)19:15- Ryoji Koie, Potter
4)19:45- Kohei Miyata, Goldsmith

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:現在開催中の展覧会『現代工芸展』のフューチャーイベントとして、今尚引き継がれる日本の伝統と工芸にスポットライトを当てたNHKドキュメンタリーの上映を開催します。展覧会と併せ、ぜひドキュメンタリーをお楽しみください。
入場料:無料 予約不要(座席数が限られますので、どうぞお早目にご来場ください)*ドキュメンタリーは全て英語ナレーション
【詳細】:http://www.japanfoundationcanada.org/ 電話:(416) 966-1600 x223

<ファン・エキスポにジャパン・ファウンデーション・トロントブース出展>

日時:2012年8月23日(木)~2012年8月26日(日)
場所:メトロ・トロント・コンベンションセンター (222 Bremner Blvd)
内容:トロント最大級のポップカルチャーイベント『Fan Expo』にジャパン・ファウンデーション・トロントがブースを出展します。ジャパン・ファウンデーション・トロントのブースでは総領事館、JNTO, JETRO等の協力を得て日本に関する様々な情報を総合的に提供します。
入場有料 チケット購入・価格等詳細は以下ウェブサイトを参照ください。
【詳細】http://www.fanexpocanada.com/

<2012年夏の子供ミュージカル「新魔女バンバ」>

日時:2012年8月25日(土)午後4時~
場所:日系文化会館
内容:子供ミュージカルは日本の児童劇団と共に企画されている会館のミュージカルワークショップの成果披露公演で、この夏で3回目となります。今回は「新・魔女バンバ」(原作:青砥洋、脚本:高橋知伽江、演出:青砥洋、音楽:薮内智子)で、子供たちの支配を企む魔女バンバに、天使ポポロの力を借りて村の子供たちが立ち向かう勇気が沸いてくるストーリーです。
チケット:指定席のみ/$12(税込み)
【問い合わせ】日系文化会館:416-441-2345

<新企会青年部主催ビジネスセミナー>

日時:8月30日(木) 午後7時~
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:在トロントの日系企業・日系実業家が日本経済の現状、日系企業での就業等について講演するビジネスセミナーの第3回目です。
【問い合わせ】ウィル留学センター:416-916-0909 (担当:山根)

<8月の映画鑑賞会/「六ヶ所村ラプソディー」>

日時:2012年8月30日(木)午後7時~
場所:日系文化会館
内容:原発で使用したプルトニウムを取り出す再処理工場建設に伴い起こった問題に密着した鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリ―作品。(2006年)。
入場料:一般$8(税込み)、JCCC会員$6(税込み)
【問い合わせ】日系文化会館:416-441-2345

<版画ディスプレー“Legends Revisited> 

日時:2012年9月4日(火)~10月5日(金)
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント (図書館閲覧室)
内容:トロント在住版画アーティスト/舞踏家のMeiko Ando氏による版画作品16点の展示を図書館内の閲覧室で開催します。今回の展示では古くから日本に伝わる鬼婆/山姥や恵比寿などをテーマにした版画作品をとおして伝承の世界を再現します。舞踏家でもあるAndo氏は、ダンスにより表現した目に見えない世界を版画作品でも表現しています。
入場無料。開館日は月~金および土曜(9月8日、29日)およびニュイ・ブロンシュ(9月29日午後7時~11時)
開館時間等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話416-966-1600 ext. 238

<トロント国際映画祭>

日時:2012年9月6日(木)~2012年9月16日(日)
場所:TIFF Bell Lightbox (350 King St.West)他市内各所の映画館
内容:世界的に知られているトロント国際映画祭が今年もトロント市内各所の映画館で行われます。日本からは武内英樹監督の「テルマ・ロマエ」、西川美和監督の「夢売るふたり」、北野武監督の「アウトレイジ・ビヨンド」が出展される予定。*スケジュール、チケット情報は以下ウェブサイトを参照ください。
【詳細】http://tiff.net/thefestival

<ワード・オン・ザ・ストリート >

日時:2012年9月23日(日) 午前11時~午後6時
場所:クイーンズ・パーク路上
内容:出版社、本屋、図書館、アート機関、作家協会、識字教育機関などがクイーンズ・パーク通りにテントブースを出展し、本と雑誌の祭典を開催します。ジャパン・ファウンデーション・トロントは蔵書サンプルやポスター、各種フライヤーなどを展示し図書館サービス等や各種関連イベントなどの情報を提供します。
入場無料 予約不要
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話416-966-1600 ext. 238 http://www.thewordonthestreet.ca/wots/toronto

<B'z 北米ツアー>

日時:2012年9月26日(水) 午後6時半~
場所:Sound Academy (11 Polson St)
内容:ギタリスト松本孝弘とボーカリスト稲葉浩志により1988年に結成され、これまでに日本国内のCD総売り上げが8千万枚を超えるB'zは、日本の音楽史上No.1の売り上げを誇る日本を代表するロックバンド。北米ツアーの一環で9月26日にトロントでも公演されます。
【詳細】http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/english/culture-education/events/bz-tour.pdf 

<日本語で学ぼう・楽しもう」松茸料理教室 第二弾>

日時:2012年9月29日(土)午後1時~午後3時半まで
場所:日系文化会館
内容:家庭で楽しめる簡単な松茸料理を和・洋のシェフにそれぞれ二品ずつ作り方を紹介いただきます。和のシェフはNow Magazine誌上のナンバーワンシェフなど数々の輝かしい経歴を持つ井筒大介さんで、松茸の茶碗蒸しと白身魚の青菜の松茸のおひたし。洋のシェフはフレンチ・イタリアンレストランレストランで15年以上の経験を持つ橋本渚さんで、松茸の香るチーズシューと松茸のリゾットです。
参加費:一般$45+HST、JCCC会員$40+HST
【問い合わせ】日系文化会館:416-441-2345

<指圧ワークショップー辛い頭痛を和らげよう!>

日時:2012年9月29日(土) 午後2時~午後4時半
場所:日系文化会館 畳ルーム
内容:タオ指圧の講師アレックス・ペレクリタ氏による「気」の説明と、実践を交えた頭痛治癒の簡単な指圧を行います。ワークショップは英語にて行われます。
参加費:一般/$25+HST、JCCC会員/$20+HST
【問い合わせ】日系文化会館:416-441-2345

______________________________________________________________________________________________

【ご意見、ご感想、お問い合せ】
メールマガジンをより良い内容にしていくために、皆様のご意見、ご要望などをお待ちしております。ご意見、ご感想、お問い合せは、kinkyu@japancg-toronto.orgまで、お寄せください。


NJCA

Posts : 267
Join date : 2009-02-28

View user profile

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum