ロシアの隕石 - 「コスミック茶話(さわ)」

View previous topic View next topic Go down

ロシアの隕石 - 「コスミック茶話(さわ)」

Post  NobbyM on Sat Feb 16, 2013 10:03 am

皆さん、

こういうことがあるだろうことは「コスミック茶話(さわ)」に書きました。
------------------------------------------
●茶話第10話-生物大量絶滅をたどってみよう
第1章「ある晴れた朝突然に」
P282から
◆今までは幸運?◆
 地球に大災害をもたらす直径10メートル以上の隕石が月と地球の間をブンブン飛び抜けている。観測技術の向上もあり、探せば探すだけ見つかる。多くは目の前を通り過ぎてアリャっと気が付く状態だ。ある日、目の前に現れたままどんどん大きくなる隕石があっても不思議ではない。
 ちょっと過去を振り返ってもらおうか。
 6500万年前に恐竜を絶滅させたとされる巨大隕石はともかく、アリゾナの砂漠にポッカリと口を開ける直径1キロのバリジャー隕石口はつい5万年前のものである。1908年にはシベリアの未踏地ツングスカで彗星の破片が空中爆発、半径40キロにわたって原始林をなぎ倒し、半径15キロの樹木は一瞬にして燃え上がった。広島原爆の1000倍の爆発であった。これで人が一人も死ななかったのは驚くべきことだ。さらには1978年と1994年の南太平洋での奇妙な爆発や、南アフリカが核実験をしたと騒がれたインド洋上での爆発も、今では隕石の仕業と思われている。1997年にはホンジュラスのコーヒー農園に直径50メートルの穴を作った隕石がある。どれも不思議なほどに無人地帯に落ちている。今や都市は巨大化し地球の隅々まで人が住んでいる。ある晴れた朝突然に未曾有の大災害が起きても不思議はない。
 統計によると世界の天災(地震・台風・竜巻・洪水)による被害者の数がこのところ毎年6パーセント増えていると言う。人口の増大と、地球上に僻地や未踏地がなくなったことが大きく影響している。今やどこで何が起ころうとも被害者が出るのだ。直径10メートルの隕石が都市部に落ちれば、それは人類史上未曾有の大災害だ。海に落ちても津波による被害は甚大であろう。1994年にケベックに頭大の隕石が落ちたが、トロントの高層ビルにあの高速でぶち当たったなら、その被害は想像を絶する。人類は今まで非常に幸運であったと言わざるを得ない。
------------------------------------
 ロシアの隕石も10メートルと推測されているらしい。あれがトロントや東京に衝撃波をばらまき、その一部が落ちたと考えると、これは大変なことだ。
 隕石が超高速で大気に突っ込むとまず摩擦で燃え上がる。またシミュレーションでは丸い隕石は前は押し返されるが後ろはそのまま押すので形がパンケーキのようになり、急減速する。急激な減速に、その運動エネルギーは行き場がなくなって熱に変換する。超高温への急激な温度上昇が原爆に匹敵する爆発を起こし、衝撃波をまらまく。

1908年のシベリアの未踏地ツングスカの爆発の彗星の破片は40メートルと推定されている。それが広島原爆の1000倍の爆発を起こした。

●本「コスミック茶話(さわ)」

本「コスミック茶話(さわ)」はまだ売れています。追加注文が結構あるのです。嬉しいことです。現在132冊も売れました。贈呈、落丁を含めると3分の2がなくなりました。日本へも10冊売れました。1冊$18。送料込みで郵送もしています。購買希望の方は連絡ください。
nobbycosmic@yahoo.co.jp

日本の出版社のいくつかに「コスミック茶話(さわ)をポンと送ってみました。そのひとつから講評が来ました。その一部を:
---------------------------------------
・・・・。宇宙科学、物理学といえば堅苦しいものとのイメージを抱きがちだが、“茶話”のイメージ通り、肩の凝らない読みやすいものに仕上げられているのが特徴だ。著者の優れた知見とウィットに富んだ語りに導かれて、宇宙の神秘や科学の夢、ロマンを味わうことのできる作品といえる。・・・・・。また著者が宇宙の法則を解説するのではなく、宇宙を考え、そこに居る自身を想像することの喜びや楽しさを伝えようとしていることも本作の特徴だ。・・・・・。おおいに読者の知的好奇心を刺激し、“知る”楽しみを味わわせてくれるのである。・・・・・。宇宙を知ることは、人類がこの地球に生きる意味を教えるものであり、それを理解し易く書きつづったのが本作である。日本国内での上梓が実現され、多くの人々の手許に本作が届けられることを願ってやまない。
---------------------------------------
まあ、お金を取って自費出版させようという魂胆があるとは思いますが、感心したのはボクの本をちゃんと読み込んでいることです。ボクが意図したこと、皆に伝えたいと思ったことを的確につかんでいる。さすがは専門家と思いました。(日本では自費では出版しません)。

Nobby Miura 三浦信義
nobbycosmic@yahoo.co.jp
「コスミック茶話(さわ)」-本になりました / Cosmic Tea Time Stories - Now a book
130冊以上売れました / More than 130 books sold so far.
「書房あおいちきゅう」 http://nobbycosmic.com/Cosmic/BlueEarthLogo3.jpg
ポスター http://nobbycosmic.com/Cosmic/CosmicPoster1.pdf

NobbyM

Posts : 129
Join date : 2008-11-14

View user profile

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum