和の料理セミナー:総領事公邸で槇峰美那料理人から学ぶ八寸と盛り付けのポイント

View previous topic View next topic Go down

和の料理セミナー:総領事公邸で槇峰美那料理人から学ぶ八寸と盛り付けのポイント

Post  JCCC on Sun Feb 13, 2011 9:54 am

昨年5月に行われた総領事公邸料理人の槇峰美那さんの料理教室は大好評でした。美那さんの手さばき、料理を一味上げる秘訣、面白いお話となど、美那さんの気取らず温かい人柄が表れる楽しい教室で、「もう一度」というリクエストを数多くいただきました。
 2月の“日本語で学ぼう、楽しもう”プログラムは、槇峰美那公邸料理人による趣向の変わった和の料理のセミナーを開催します。今回は在トロント日本国総領事館のご好意により、特別に美那さんが毎日お料理をされている総領事館にてセミナーを行わせていただくことになりました。
 今回の料理は「八寸」です。八寸は、茶懐石で八寸盆に山海の珍味を盛り合わせたことに由来します。色どりよく立体的に盛り付けた口取り(オードブル)の一皿は食卓を華やかに演出します。
 公邸のラウンジで当日配布されるレシピに基づき、作り方の説明、料理の由来のお話し、デモンストレーションが行われます。デモの後は、今回のセミナーのメインである色々な盛り付けを、器の選び方と併せ説明、披露してくださいます。そして各参加者の皆様が用意されたお料理を実践でお膳に盛り付けます。最後は全員一緒に八寸
料理の膳をいただきましょう。
 セミナーでは他に、食材選びの注意点やおもてなし用献立の組み方、料理の時間配分の工夫、和食のトレンドなどについてもお話くださいます。
 参加者はJCCC会員であることが条件です。人数に制限がありますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。定員に達しましたら、締め切らせていただきます。
 お申し込みは日系文化会館、受付(416―441―2345)まで。

日時: 2011年2月27日(日)午後1時から4時まで
参加費:$40(JCCC会員限定)材料費と宣伝などのJCCC諸経費に当てられます。
持ち物:筆記用具、エプロン(実習ではありませんが、盛り付け時に使用)

槇峰美那さんは大阪辻調理師専門学校を経て辻調理師技術専門学校日本料理課で2年間日本料理を専門に学ばれました。卒業後、そのまま辻調理師技術専門学校に残り、料理講師として6年間ご活躍されました。その後新天地を求め、在ユジノサハリンスク総領事館で約5年間、料理人としてお仕事。日本の食材がなかなか揃わない環境の中、講習会などで現地の方々に日本料理を教えることもあったそうです。2009年1月からは在トロント総領事館勤務で、総領事公邸で総領事ご夫妻の毎日のお食事、そしてお客様のおもてなしに料理作りをされています。昨年の7月に天皇皇后両陛下のトロント御訪問時には、美那さんの和食で晩餐が行われたとの事です。

JCCC

Posts : 205
Join date : 2009-02-26

View user profile

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum