在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.36 2012年1月号

View previous topic View next topic Go down

在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.36 2012年1月号

Post  NJCA on Mon Jan 16, 2012 9:36 am

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.36 2012年1月号
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

―目次―

- 総領事よりのご挨拶
-「海外安全・パスポート管理促進キャンペーン」のお知らせ
- オンタリオ生活情報
- 各種イベント情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総領事よりのご挨拶
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい年2012年を迎え、皆様におかれましては気持ちも新たにお元気でお過ごしのことと存じます。

昨年は日本、日本人にとって大変厳しい年でありましたが、皆様の暖かいご支援のお陰で、日本復興は着実に進んでおりますし、また、福島の原子力発電所も冷温停止状態を達成しています。昨年末には、私自身当地のCP24テレビに生出演し、日本の復興ぶりをアピールいたしました。

今年は、復興を更に加速化させると共に、是非明るい年、元気と活力を取り戻す年にしたいものです。その一助となるべく、私ども総領事館員一同、微力を尽くして参りたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

さて、総領事として着任してから3ヶ月以上が過ぎ、トロントで初めて年末年始を過ごしました。元旦には日系文化会館の行事に出席するなど、邦人の皆様、カナダの皆様とお会いして、ご挨拶させていただいております。今後とも出来る限り邦人、日系人の皆様とお会いし、また、カナダや外交団の皆様との人脈を広げていきたいと思っております。

また、つい先日は、岩本農林水産副大臣が当地を訪問し、カナダ政府要人を初めとする関係者との意見交換、関連施設の視察を行いました。今後、農業を初め色々な分野で日加の交流が活発化していくことを期待しております。

多くの方から、この年末から年始にかけてトロントは不思議と暖かいというお話しをいただいておりますが、新年早々マイナス14度という寒い日も経験しました。冬の間、どうぞお体を大切にお過ごし下さい。

山本栄二 
トロント総領事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「海外安全・パスポート管理促進キャンペーン」のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成23年12月1日から平成24年3月20日まで、外務省は、年末年始及び卒業前の海外旅行シーズンにあわせて「海外安全・パスポート管理促進キャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンは、実際の海外旅行に当り、日常、忘れがちな「パスポートの管理」及び

渡航先の最新情報に応じた「海外旅行の安全対策」の重要性を呼びかけ、安全で楽しい海外旅行のための意識と知識を身につけて頂くことを目的としています。

「海外安全・パスポート管理促進キャンペーン」のウエブサイトを御覧下さい。http://www.kaigai-anzen.info

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オンタリオ生活情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カナダにおける冬季野外活動(ウインタースポーツなど)の安全について

カナダの国土には、豊かな自然があり、さらに寒冷な気候が屋外のウインタースポーツを楽しむのに向いていることでも定評があります。

カナダの国技といえるアイスホッケーを初め、ダウンヒルないしはノルディックスキー、スノーボード、スケート、犬ぞり、アイスフィッシングさらにはトレッキングなど、カナダで楽しめる冬の屋外活動は多彩です。一方で、日本では一部でしか経験できない超低温環境、さらに広大な国土といった条件は、日本で同じ事を行う場合に較べると、いくつかの点で特別な注意を払う必要があります。

例えばオーロラ観測ツアーや山岳トレッキング、へリスキー、時には通常のゲレンデスキーでも、往々にしてマイナス30度を越える極端な低温環境で数時間を過ごすことになるため、状況に耐えうる装備が必要になります。そして、アウトドア用具などを取り扱う店に出向くと、各用具(アノラックやブーツ、手袋、靴下など)の耐極低温基準が表示されているものが揃っています。

日本の約27倍と想像を絶するほど広大な国土では、管掌する国や州などの公的機関にとって、千変万化の自然環境の変化を含めて、細部に関する警告などを特定して網羅することは不可能です。公的機関は安全確保に関して注意を払っていますが、こういった事情を背景として、安全の責任はそれぞれの個人が持つことが常識であり、その点で比較的手厚い日本とは異なる意識が必要です。

日本とは異なる環境で生活し活動する場合、活動する側の責任として事前に十分な調査を行い、実状に応じた行動をとることは、自分自身を守ると共に周囲に迷惑をかけないためにも最低限の必要条件になります。またカナダでは、いろいろなルールが州や地方自治体によって異なっています。例えばケベック州では州内で登録される乗用車には、冬季のウインタータイヤ使用が義務付けられています(詳細はケベック州のウエッブサイト参照)が、オンタリオ州では使用が推奨にとどまっています。十分な調査はルールを遵守する上でも重要です。

本稿では、個々の行動が極めて多様であることを考えると、すべてを網羅した注意事項を示すことは出来ませんが、主要な注意事項は以下のとおりとなります。なお、繰り返しとなりますが、本稿で全てを網羅する事は出来ませんので、ウインタースポーツや野外活動の準備に当たっては、自分の安全保持のための責任ある行動と、信頼できる経験者の助言を受ける事が必要となります。

1) 気温に関連する注意

場所によって異なりますが当地の気温は、比較的温暖なトロントでも一冬に数回は、マイナス30度を下回る事がありますので、防寒対策は必須事項の一つです。防寒は体全体からの温度喪失のみでなく、凍傷を防ぐ手立て(できるかぎり肌を晒さない)であることも忘れてはなりません。また長時間厳寒な状況のなかで過ごす可能性もあるので、防寒衣料などについては、耐寒基準が参考になりますので、購入時には確認する必要があります。

2) 危険のある場所や行動の表示

いろいろな理由で危険が予想できる場所や状態は、公的機関(Park Canadaなど)ができる限りの注意事項を表示をしていますので、利用者はそれらの注意事項に従うことが重要です。しかし広大で多様な環境であるため、公的機関といえども全てを網羅することは不可能ですので、利用者は基本的に「自己責任で行動する」意識を持つことが重要です。

3) 利用する器具などの安全表示。

公的機関による器具の安全表示(CSA認定など)は、通常5年間で失効します。言い換えると、製造後5年以上を経過した器具などについては、表示されている公的機関の認定などは無効となります。器具などの購入に当たっては、CSA(Canada Safety Association)認定表示があることを確認するとともに、製造時期が5年以内であることを確認する必要があります。

4) 保険

万一事故等に遭遇した場合、その費用や経費当が莫大になることが多々あります。保険が適用されない場合、極めて困難な事態となりますので、戸外のスポーツを楽しむ場合は、万一を考えて、医療、捜索や救出費用、ないしは器具の損傷などによる損害等を補償する保険に加入しておく事も重要です。また保険に加入した場合、その後の活動に当たっては、保険約款等を熟読し、誤解などがないように注意してください。

5) 一般的な注意事項

・ヘルメットや顔面保護器具の着用(特に頭の保護は生命に関わります)
・適正な着衣の利用並びに着用方法の遵守(耐寒温度確認、汗を貯めない素材、重ね着など)
・雪崩(特に春先)や危険区域の表示や指示に従うこと
・指定域外活動(スキーのトレイル、ないしは滑走斜面外は十分注意。ルートなどの確実な把握が重要)
・活動予定の告知(人に行き先、帰着予定などを必ず事前に伝えること)
・万一の場合の連絡手段として携帯電話は有効です(電池の出力低下は体温で回復する可能性があります)
・この他詳細な入山登録、利用規則などは各国立公園などが個別に詳細に定めているので、事前に管理事務所などに問い合わせてください。

6) 自動車の運転に関して

公共交通網が発達した日本と異なり、主要な交通手段が自動車であるカナダでは、冬の凍結ないしは積雪のある道路で運転する必要が多々あります。利用者は冬季の運転に対応し、習熟する必要があります。ここでは注意するべき基本事項の一部を列挙しますが、詳細については連邦運輸省(Transport Canada) や州運輸省(Ontarioの場合はMinistry of Transportation)、各警察などが公表していますので注意事項を参照してください。

・オンタリオ州では冬季用タイヤの使用が推奨されています。
・時間に余裕を持って行動してください。
・天気ないしは道路状況に合わせた運転に心がける。
・特にスピードの出しすぎ、車間距離不足に注意してください。
・車内に冬季非常用備品、ウインドウオッシャー液予備を常備しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各種イベント情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<展覧会『3.11肖像写真プロジェクト展』> (開催中)

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:2012年1月7日(土)~27日(金)
内容:地震と津波に過去の全てを待ち去られてしまった被災者の皆さんを、未来へ向けての第一歩のシンボルとしてのポートレート写真で励まそう・・・写真家、デザイナー、メークアップアーテイスト等々が集まって、ボランティア企画を立ち上げました。撮る側も撮られる側も笑顔いっぱい、励ましと癒しの心温まる展覧会。
共催:資生堂カナダ NPO法人まちあそび内「3.11肖像写真プロジェクト事務局」
協力:日系文化会館
入場無料。開館日は月~金および土曜開館日 (開館時間等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください)
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話416-966-1600 ext. 229

<森 陽子 写真ディスプレー「Gentle wind」>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント図書館
日時:2012年1月16日(月)~2月24日(金)
内容:岡山、広島、瀬戸内海の小島の路地でみかけた、なにげない日常のゆったりした風景を写した写真作品ディスプレー。森陽子氏は、大阪芸術大学芸術学部卒業後、ウエディング・フォトグラファーとして活動する傍ら、写真、ドローイング、ペインティングなどの作品を制作。 
入場無料。開館日は月~金と、土曜開館日(開館時間等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください)
【詳細】http://www.jftor.org/library/index.php 電話416-966-1600 Ex.238 

<マンガ・浮世絵・ダンスの夕べ>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:2012年1月16日(月) 午後6時半~午後8時半
内容:マンガは多くの人に日本のポップカルチャーとして広く認識されていますが、その発端は江戸時代にさかのぼることができます。YAMAアニメ・マンガ協会前会長で美術家のジェフリー・クレイグと、スチュワート・ジャクソン・ギャラリーの浮世絵専門家キャロル・ドーマンのトークと、Across Oceansの振付家マキシン・ヘプナーとダンサー瀬川貴子による、マンガに触発されたダンス・プロジェクト「My Heart is a Spoon」の実演により、マンガを歴史的、芸術的に、3つの異なる観点から見直すAcross Ocean主催のイベントです。
なお、「My Heart is a Spoon」は、1月19日~22日、The Theatre Centreで上演されます。
英語、入場無料、要予約
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/rsvp.php  電話416-966-1600 ext. 223
【詳細及び主催】http://www.acrossoceans.org 電話416-538-0988

<カタカナによる日本語短期講座(入門レベル)>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:ゆっくりコース:1月17日(火), 1月24日(火) 1月31日(火) の3回で修了いずれも 午後6時半~午後8時半
集中コース:2月21日(火), 2月28日(火) の2回で修了いずれも午後6時半~午後8時半
内容:日本語学習に興味のある方、または学習し始めて間もない方を対象にした入門レベルの日本語短期講座。マンガを使い、カタカナで書かれた擬声語、擬態語、擬音語などを読む練習を楽しみながらするクラス。お知り合いにご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひご案内ください。日本語の先生方の見学も受付中。
授業料無料 テキスト代:(実費)$10程度。
申し込み方法等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
【詳細】http://jftor.org/whatson/index.php 
電話416-966-1600 ext. 233 

<新企会主催、Global Generation ビジネスセミナー>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:2012年1月18日(水) 午後6時半~午後8時
内容:みずほコーポレート銀行 カナダ支店長 武上 和人氏によるグローバルビジネスシーンで活躍を目指す、日本人留学生・ワーキングホリデー・カナダ人学生に向けての講演会。日系コミュニティーの活性化及び日本とカナダの交流の推進という目的の下、新企会が企画。
入場無料、日本語、要予約。詳細は、下記までご連絡ください。
【詳細】 kizunatoronto@gmail.com

<日本研究者による連続セミナーを実施します>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:3回にわたりカナダ及び日本で活躍する日本研究者によるセミナーを実施します。
(1回目 『デジタル・ジャパン』デジタルコンテンツと日本の経済革新)
講師:ウォータールー大学歴史学ケン・コーツ教授 (2010年度ジャパン・ファウンデーションフェロー)
日時:2012年1月20日(金)午後6時半~
内容:日本はデジタル大国であり、テレビゲームやラップトップコンピューター、携帯電話といったトランスフォーメーション技術の世界的牽引者である。21世紀はまさにこのデジタルコンテンツセクターが経済の中でとても重要な存在だと言える。繰り広がるデジタルコンテンツ産業企業と第二次産業に適応されている政策の難題を紐解いていく。
(2回目 現代日本における新たな葬祭儀礼の出現)
講師:ガルフ大学人類学部 河野さつき准教授 (2008年度ジャパン・ファウンデーションフェロー)
日時:2012年2月13日(月)午後6時半~
内容:自然葬という墓地を必要としない新たな葬祭形式についての研究を披露する。『葬送の自由を進める会』の会員が行った散灰という葬儀形式を通じて現代日本人の新たな家族関係の再構築と世代間関係の新しい形式を模索している状態を考察する。
(3回目 60年後 ? サンフランシスコ平和条約と東アジアにおける地域紛争)
講師:ウォータールー大学 レニソンカレッジ 東アジア研究学部長 原貴美恵教授 (2010年度ジャパン・ファウンデーションフェロー)
日時:2月29日(水) 午後6時半~
内容:2012年は、サンフランシスコ平和条約締結から60年、東アジアにとって、60年は「還暦」という、一つの歴史的時間単位の終わりであり、新しい時代の始まりという節目の期間である。しかしながら、同地域には、依然として未解決の領土問題などがある。サンフランシスコ平和条約の考察を通じて、東アジアの現状と、将来の道筋に焦点を当てる。
入場無料 英語のみ。要予約 
【詳細】http://www.jftor.org/whatson  電話416-966-1600 ext. 225
【予約】http://www.jftor.org/whatson/rsvp.php

<トロント旅行博>

開催日:2012年1月28日(土)午前10時~午後6時、29日(日)午前10時~午後5時
場所:トロントコンベンションセンター、南館、ホールEにて (222 Bremner Blvd)
内容:旅行をテーマとした博覧会で世界各地の観光紹介ブースが出展します。日本総領事館も日本への観光促進のため参加し、講演会や民謡、古典舞踊など行います。
入場料:$10(Online)、$12(Door)、$6.50(学生、65歳以上)、12歳以下の子供は無料
【詳細】http://www.totravelshow.com

<レスリー・しもたかはら著「The Reading List」出版記念レセプション>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:2012年2月14日(火) 午後5時半~午後8時
内容:日系カナダ人作家Leslie Shimotakaharaの自伝的著書『The Reading List―Literatuer, love and back again ― A memoir』が2月に刊行されるのを記念して、レセプションを行います。自分の人生を振り返るために、父とともに小説リスト(The reading list)について語り合ううち、日系カナダ人の父の第二次大戦後のつらい過去に触れ、父との心のつながりを深める、という作品です。この作品を通じて、文学は時に、私たちの過去を発見させたり、愛する人を理解させたり、未来へと前進させたりすることができる、ということを読者に伝えてくれます。
英語、入場無料、要予約
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/rsvp.php  電話416-966-1600 ext. 238
【詳細】http://www.jftor.org/library/index.php 電話416-966-1600 Ex.238 
【詳細】http://www.the-reading-list.com www.varietycrossing.org

<展覧会『坂東玉三郎ポスター展』>

場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:2012年2月1日(水)~
内容:歌舞伎俳優坂東玉三郎は、美しい舞台姿と卓抜な演技力によって、花形歌舞伎で輝いた若手時代から女形の最高峰の威風を誇る現在まで、過去30年以上にわたる劇場人生を一貫して人気と賞賛を集めてきました。これまでに出版された写真集やポスターの件数ひとつをとっても、他の追随を全く許さないものがあります。1980年代から現在まで、玉三郎が写真家篠山紀信等々との共同作業で創り続けてきたポスターが一堂に会する、華やかな展覧会。
入場無料。開館日は月~金および土曜開館日。開館時間等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話416-966-1600 ext. 229

<日本語で学ぼう・楽しもう/バレンタインケーキ教室>

日時:2012年2月12(日) 午後1時~4時
場所:トロント日系文化会館
内容:日本ではバレンタインの代名詞とも言えるチョコレート。今回のクラスではハート型の小さなサイズのガトーショコラを一人2台ずつ焼き、これをフルーツやチョコレートトリュフでデコレーションします。このチョコレートトリュフもクラス内で手作りします。
参加費:$40+税(JCCC会員)、$45+税(非会員) *16歳未満のお子様のご参加はご遠慮ください。
持ち物:筆記用具、エプロン、三角巾(または髪を止めるもの)、持ち帰り用の容器、ボール(3つ)
【詳細】416-441-2345

<『シネマ歌舞伎』がトロントに戻ってきます>

場所:Scotiabank Theatre Toronto
上映日:2012年2月22日(水)および23日(木)
内容:仁左衛門、玉三郎、勘三郎、三津五郎等々、人気歌舞伎俳優の歌舞伎座の舞台を、HD映像と6チャンネルの音響という最新技術で、映画館の大画面に再現する「シネマ歌舞伎」が、トロントでは4回目の上映を迎えます。臨場感抜群との好評に応えて、最新作三作を携えての上映、ブラックユーモアの喜劇から、都会の闇の殺人事件、おおらかな夫婦のもめごと…美しさに溜息しつつ、大いに笑ってお楽しみ下さい。
上映時間等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
料金:『鷺娘』$15+税、『女殺油地獄』『法界坊』『身替座禅』各$20+税
入場券は、オンラインwww.cineplex.comまたは劇場窓口で前売り発売中
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話416-966-1600 ext. 229
【詳細】http://www.cineplex.com Scotiabankホームページ

<第3回キッズ&ユースミュージカルワークショップと公演:歌って・踊って2012>

日本の児童劇団「大きな夢」と共にJCCCで行ってきた子どもミュージカルプログラム、多くの皆様のご期待の声に応え、2012年の企画が立ち上りました。2012年は春の事前ワークショップと夏のワークショップが行われます。
(2012春ミュージカルワークショップ:夏のミュージカルに備えて)
*夏のプログラムに参加するお子様対象
期間:3月12日(月)~3月16日(金)5日間
時間:午前9時半~午後4時半まで
内容:夏のミュージカルワークショップと公演に備えて、ミュージカルの基礎レッスン
料金:JCCC会員$250・非会員$270(3月の時点で15歳以上の参加者にはHSTが加算されます)
*先着順
(2012夏ミュージカルワークショップと公演)
期間:8月10日(金)~8月25日(土)16日間(12日と19日の日曜日はお休み)
時間:午前9時~午後4時まで
内容:最終日、成果披露公演に向けての練習
料金:JCCC会員$580・非会員$620(8月の時点で15歳以上の参加者にはHSTが加算されます)
公演:「新・魔女バンバ」8月25日(土)
*夏のみの参加も可能ですが、春からの参加者が優先となります。(先着順ではありません)
(2012春・夏ワークショップの共通事項)
指導:どちらのワークショップも劇団「大きな夢」の講師が指導に当たります。
参加資格 年齢枠をGrade2からGrade12までとする
参加条件:日本語での会話ができ、ひらがなカタカナが読めること
申込期間:1月10日(火)より受付中、平日午前8時半~午後4時半
【詳細】JCCCウェブサイト(jccc.on.ca)のミュージカルページhttp://www.jccc.on.ca/musical%20workshop.htmlをご覧ください。

______________________________________________________________________________________________

【ご意見、ご感想、お問い合せ】

メールマガジンをより良い内容にしていくために、皆様のご意見、ご要望などをお待ちしております。ご意見、ご感想、お問い合せは、kinkyu@japancg-toronto.orgまで、お寄せください。

NJCA

Posts : 267
Join date : 2009-02-28

View user profile

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum