在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.39 2012年4月号

View previous topic View next topic Go down

在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.39 2012年4月号

Post  NJCA on Mon Apr 16, 2012 7:47 pm

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
在トロント日本国総領事館メールマガジンvol.39 2012年4月号
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

―目次―

- 総領事館広報班からのお知らせ
- 旅券手数料(パスポート・各種証明書)改定のお知らせ
- 各種イベント情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総領事館広報班からのお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総領事館で総務・広報を担当しております大塚です。今回は、総領事館での広報業務についてお話しいたします。

日本の在外公館(大使館、総領事館など)には、どこも広報機能があります。日本や日本に関すること、皆さんに知ってもらいたい日本のことについて、総領事館の広段手段(ホームページ、メルマガなど)でお知らせしたり、大きな広報効果を持つメディア(新聞、テレビ等)を通じて報じてもらったり、人が集まる機会に出て行って話したり、時にはイベントそのものを企画・実施して情報を伝える仕事です。トロント日本総領事館の広報班は、外務省から来ている私と、3名の現地職員とで構成されていますが、広報の仕事は文化関連業務との関わりが深く、この3名の現地職員については文化担当副領事のもとで文化業務にも従事しています。

皆様方は、当地で配布されている日本語のコミュニティー誌(ウェブサイトを含む)をよくご覧になられると思いますが、その日系ニュース欄に取り上げられている総領事館関係のイベントの多くは、当館の広報班からイベントを紹介したり、報道をお願いして報じてもらっているものです。

広報の目的は何かといいますと、日本のこと(政治、経済、社会、文化など)を正しく伝え、またその魅力を広く知ってもらうことにより、日本の国際社会での理解を深め、イメージを高めること、また、カナダにおいては日本とカナダとの友好関係を促進することだと言えます。ですから、当地で日本について間違ったことが報道されることがあれば、その報道を行ったメディアに対して、抗議や修正を申し入れることもあります。

広報の仕事は待ったなしでやって来ます。例えば、日本で重大事件が発生したり、トロントやオンタリオ州で日本や日本人に関わる事件が起こると、新聞、テレビなどのメディアが総領事館の広報担当である私のところに問い合わせてきます。東日本大震災発生後は、CTV、CBC、CP24、トロントスター紙をはじめとするカナダメディアからの取材が殺到し、総領事とともに対応しました。そして多くのカナダの人々、在留邦人の方々から支援や励ましを頂きました。被害状況はどうなのか、福島第一原発のその後、日本は安全なのかといった情報を当館ホームページに掲載(多くの場合は関連リンクの掲載)してお伝えしました。

昨年夏に邦人女性がナイアガラの滝から転落して亡くなる悲しい事故が発生しましたが、カナダと日本の多くの新聞、テレビからの問い合わせが殺到しました。特に、カナダには日本に本社を有する新聞社、テレビ局の支局や特派員駐在はありませんので、ニューヨーク支局の各社記者からの取材を多く受けました。このような場合、総領事館における当該事件担当者などから情報を収集するとともに、日本の外務省他と連絡を取りつつ、情報をまとめ、どれだけのことをどう伝えるか整理して対応します。

現在、広報班として重点を置いて行っていることは、震災で落ち込んだ日本のイメージ回復と大きく減った日本への旅行客を増やすことです。日本の復興ぶりをビジュアルに伝える「震災復興写真展」を日系文化会館(JCCC)など7か所で開催した他、日本政府観光局(JNTO)等の協力を得て、一万人を超える人々が集まったHarbourfront CentreでのFortune Cooking Food Festival(昨年8月)やトロント旅行博(今年1月、Metro Toronto Convention Centre)に出展し、

日本食の紹介、日本の観光案内、神輿パレードや獅子舞などを行って、日本の魅力をアピールしました。おかげさまで、日本への旅行客数は全世界的にかなり回復しましたが、震災

復興ということに限らず、日本の魅力は無限です。これをこれからも広くアピールしていかなければなりません。総領事館広報班は、今後も頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旅券手数料(パスポート・各種証明書)改定のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

在外公館でのパスポート発行手数料等の領事手数料は、日本国内の手数料にその年度の「外国貨幣換算率」を掛け合わせて算出されますので、毎年額が異なります。

平成24年度(2012年4月1日~2013年3月31日申請分)の主な領事手数料は以下のとおりです。

(1)旅券
10年有効旅券:195ドル
5年有効旅券:134ドル
12歳未満旅券:73ドル
記載事項の訂正:11ドル
帰国のための渡航書:30ドル

(2)証明
在留証明:15ドル
出生・婚姻等身分事項証明:15ドル
翻訳証明:54ドル
署名証明:21ドル
運転免許証抜粋証明:26ドル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各種イベント情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<展覧会『坂東玉三郎ポスター展』>
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
日時:2012年2月1日(水)~ 6月22日(金)
内容:歌舞伎俳優坂東玉三郎は、美しい舞台姿と卓抜な演技力によって、花形歌舞伎で輝いた若手時代から女形の最高峰の威風を誇る現在まで、過去30年以上にわたる劇場人生を一貫して人気と賞賛を集めてきました。これまでに出版された写真集やポスターの件数ひとつをとっても他の追随を全く許さないものがあります。1980年代から現在まで、玉三郎が写真家篠山紀信等々との共同作業で創り続けてきたポスターが一堂に会する、華やかな展覧会です。
入場:無料。開館日は月~金および土曜開館日。開館時間等の詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/index.php  電話416-966-1600 ext. 229

<第4回日加協会 (CJS) 主催セミナー>
日時:2012年4月17日(火) 午後6時半~午後9時半
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:トロントに滞在している日本人を対象に、トロントでの生活情報や永住権取得方法、日本人へのサポート体制やネットワークづくりに関する情報を英語と日本語で説明します。レセプションでは講演者や他の参加者とお話する機会がありますので、トロントで新生活を始められた方々にとっては、ネットワーキングの場としても最適なセミナーです。
参加費 $5.00 要予約 日本語・英語
【詳細】http://www.jftor.org/whatson/20120417CJST_Seminar.php
RSVPおよび連絡先: toshie@cjst.org

<映画鑑賞会:「奇跡」>
日時:2012年4月26日(木) 午後7時~
場所:日系文化会館
内容:是枝裕和監督作品(2011年)。小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の離婚で、鹿児島と福岡で暮していた。新しい環境にすぐに溶け込んだ弟・龍之介と違い、鹿児島に移り住んだ兄・航一は、 現実を受け入れられず、憤る気持ちを持て余していた。ある日、航一は、新しく開通する九州新幹線、「つばめ」と「さくら」の一番列車がすれ違う瞬間を見ると奇跡が起こるという噂を聞く。もう一度、家族で暮したい航一は、弟と友達を誘い“奇跡”を起こす計画を立てる。日本語音声・英語字幕。
入場料:一般$8、JCCC会員$6
【詳細】416-441-2345

<ワインセミナーとワイナリーツアー>
内容:ワインエキスパートの長岡祐司さんがセミナー、ツアーともに講師を務めます。上級者にも初心者の方にも楽しんで頂ける企画です。
セミナー:
日時:2012年4月27日(金)午後7時~9時
場所:日系文化会館
参加費:一般$25+HST、JCCC会員$20+HST (ワイナリーツアーと共に同時にお申し込み頂いた方には、セミナー参加料金から$5割引き)(参加費には税金が加算されます)
ワイナリーツアー:
日時:2012年5月26日(土)午前9時~午後6時
集合場所:日系文化会館正面玄関
参加費:一般$90+HST、JCCC会員$80+HST
【お問い合わせ】416-441-2345

<日本書道公募展>
作品締切日:2012年4月30日(月)
表彰式:2012年11月11日(日)
展示日:2012年11月10日(土)~ 24日(土)
場所:日系文化会館
参加費:一般/$90、学生/$50
内容:5回目となる日本書道公募展の募集が開始される。書道カナダにより運営されており、書道に関心のある人ならどなたでも参加できます。申し込み用紙はウェブサイトよりダウンロード可能です。
【詳細】www.shodocanada.com

<こなみ・かなた マンガトーク >
日時:2012年5月5日(土)午後7時~9時
場所:ジャパン・ファウンデーション・トロント
内容:拾われた子猫の「チー」と飼い主である山田家の家族との微笑ましく心あたたまる交流の日々を綴った人気マンガ、「チーズスイートホーム」の作者、こなみ・かなた氏が、自身のマンガについて語るマンガ・トークを当センターで開催します。こなみ氏は、トロント・レファレンス・ライブラリー(789Yong St)で、5月5日、6日に開催されるトロント・コミックアート・フェスティバル(TCAF2012)に招待された、北米でも人気のマンガ家です。2010年には、英語版(Chi’s Sweet Home)がVertical社より出版されており、今年1月にはフランスAngoulemeで毎年行われるヨーロッパ最大のコミック・フェスティバルAngouleme International Comics Festivalでベスト・ユース・コミック・アワードにノミネートされました。こなみ かなた氏のマンガ作品トークおよびサイン会にぜひ、お出かけください。
入場無料。要予約。
【詳細】後日以下ウェブサイトに掲載予定http://www.jftor.org/whatson/ 電話416-966-1600 Ex.238 

<八王子車人形・女流義太夫公演>
日時:2012年5月8日(火) 午後7時~
場所:日系文化会館・小林ホール
内容:東京八王子市に伝わる伝統芸能、車人形と、女義太夫の共演。八王子車人形は、人形遣いが一人だけで、車の付いた椅子に腰かけて移動しながら人形を操る、独特のメソッドで世界的に異色の存在です。太夫・三味線ともに女性だけの義太夫は、男性による義太夫とはまた趣を異にした魅力にあふれます。南米からカナダ西海岸経てケベックに至る、南北米州ツアーのトロント公演となります。
上演演目:寿式三番叟, 日高川入相花王, 仮名手本忠臣蔵, 素浄瑠璃, 団子売
出演: 西川古柳, 竹本越孝, 鶴澤三寿々
入場料:一般$26.55+HST、JCCC会員$22.13+HST,
【詳細】 www.jccc.on.ca  tel: 416-441-2345 

<春の絵てがみワークショップ>
日時:2012年5月26日(土)、6月9日(土)
場所:日系文化会館
内容:書道筆を用いて絵を描く絵てがみ。初心者から上級者まで気軽に参加できるワークショップです。
受講料:一般$18+HST、JCCC会員$15+HST
【お問い合わせ】416-441-2345

<トロント日本映画祭>
日時:2012年6月7日(木)~21日(木)
場所:日系文化会館
内容:日本で観客や映画評論家に評判の良かった映画、海外の映画祭や日本アカデミー賞等で評価を得た作品を上映します。
【詳細】チケットやスケジュール、映画祭に関する詳細はwww.torontojff.com

<日本語で学ぼう・楽しもう:大好きな人を描こう>
日時:2012年6月17日(日)午後1時~午後3時
場所:日経文化会館
内容:クレヨンを画材にし「ハッチング」という線を重ねたりする技術と、「ブレンディング」という指でぼかす技法で大好きな人のポートレイト(肖像画)を描きます。トロント、NY、日本を拠点に活躍されている画家の永本冬森さんがご指導くださいます。描く相手は一緒に参加する人でも写真でもOKです。
参加費:一般$25+HST、JCCC会員$20+HST
【問い合わせ】416-441-2345
___________________________________________________________
【ご意見、ご感想、お問い合せ】
メールマガジンをより良い内容にしていくために、皆様のご意見、ご要望などをお待ちしております。ご意見、ご感想、お問い合せは、kinkyu@japancg-toronto.orgまで、お寄せください。

NJCA

Posts : 267
Join date : 2009-02-28

View user profile

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum